IMG_5687
[ちょっと得するヒトリゴト]朝活雑記ブロガー@036_writerのオサムです!

先日、税務署から税務調査の書類が郵送されてきた。



FullSizeRender


[国外送金等に関するお尋ね]

簡単に説明すると…

『あなたの銀行口座に海外から多額の入金があったけど、これって何のお金なの?』

『申告し忘れてるなら、申告して税金納めてね』

『期日内に回答しないと、1年以内の懲役、又は50万以下の罰金だからね』


ざっと、こんな感じでしょうか。

IMG_5680



では、このお金…どんな経緯かというと…

去年、海外FX業者[XM Trading]から出金をしたお金なんですよね。


記載されている情報[金額、入金日、口座情報]完璧でした。

当然です(笑)


銀行は国外送金(出金、入金)があった場合、国税局に申告しなければならないからです。


理由として…
  • マネーロンダリング(資金洗浄)
  • テロ支援国への資金提供防止

大きくわけて、この2点の取締り強化が挙げられます。


今回の件は[確定申告]をしていれば調査対象にはなりません。

『えっ?』

『じゃ、確定申告してないの???』

はい、確定申告はしていません(笑)


出金はしているものの、2017年度のFX収支はマイナスで終えているからです。


国内FX業者では、年間損益が損失の場合、確定申告をすることにより、向こう3年間【繰越控除】となります。

翌年以降の利益は損失分と相殺することができるので年間損失が出たとしても確定申告をしないと損する可能性があるのですが、海外FX業者の場合、繰越控除が適用されないため損失が出た場合は申告の必要がないのです。


◻︎関連記事


ということで…

損失を出し何のメリットもないのに、わざわざ2017年度のFX年間取引報告書(年間取引履歴)を数百枚もプリントアウトするという無駄な作業をイヤイヤ終えました。


FullSizeRender


海外送金は受取も送金も銀行から国税へ申告されます。  

特にマイナンバー制度が銀行と紐付けされるようになり国税も逃げ得は許さない覚悟で挑み続けるはずです。


税金のことでわからないことがあれば、最寄りの税務署に行き相談することが一番わかりやすく、解決へ向けた近道だと思います。