IMG_5421
雑記ブロガー@036_writerのオサムです!

『ブログネタに困ったこと』ありませんか?初心者ブロガーさんなら壁に打ち当たることもあるかと思います。



SEO対策として、『キーワード』はブログPVを上げるための重要なファクターです。

そのキーワードのボリュームを簡単に調べる事ができる【Google キーワードプランナー】をご存知でしょうか??


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Google キーワードプランナーを利用するためには、Google AdWordsへの登録が必須となります。


これから登録手順を説明しておりますが、Google AdWords Express での登録手順となっています。(私が間違えてExpressで登録してしまったためです。ちなみにExpressでもキーワードプランナー利用可能です)


Google AdWords からの登録もほぼ同様の手順となりますのでご参考下さい。

※スマホからの登録なので見難くて申し訳ありません。


Google キーワードプランナー 登録手順



Googleキーワードプランナーで検索し、【キーワードプランナーの利用を開始】をタップ。

※Googleアカウントでのログインが必要となります。

  • Googleアカウント
  • Google アナリティクス

※Googleアナリティクス登録済みの場合、個人情報入力が省略となります。



FullSizeRender


◻︎ Google AdWords(Express)登録

Googleキーワードプランナーを利用するためには、Google AdWordsへの登録が必須です。


これから自分のサイト広告の作成となりますが、あくまでもキーワードプランナーを利用するためだけの作成になります。

ここでは、私のブログを例にとり登録していきます。



✅【ウェブサイトでの操作】を選択

FullSizeRender



✅ターゲットユーザーの所在地は【日本】のままで【次へ】 


FullSizeRender


✅【商品またはサービス】の登録は実際に広告出す訳ではないので何でもよいのですが、ココでは私のブログを例に挙げますので【ブログ】で入力。


FullSizeRender


✅【広告の見出し】を作成し、簡単な説明文を作成し【次へ】


FullSizeRender


✅広告のプレビューが表示されます。
問題なければ【次へ】


FullSizeRender


✅【広告に画像を追加する】はスキップできるので【次へ】


FullSizeRender


✅予算は最低金額の197円に設定し【次へ】


FullSizeRender


✅【お支払い情報の確認】は個人情報の入力(Googleアナリティクス登録情報が反映されます)と、支払い用のクレジットカード情報の登録を行い、問題なければ【次へ】


FullSizeRender


✅これでGoogle AdWords(Express)の登録完了です。

【ダッシュボードに移動】をタップ


FullSizeRender


✅Google AdWords(Express)のダッシュボードが表示されます。

【ご利用開始】をタップ。


FullSizeRender


⚠️先程作成した【広告】の掲載が開始されてしまうので、クリックによる広告料が発生する前に、広告を中止させなければなりません!

【広告掲載中】右のボタンを無効に切り替えます。

FullSizeRender


✅広告中止した理由(アンケート)に答えます。


FullSizeRender


✅【広告停止中】になれば、広告料を払うことはありません。


FullSizeRender


✅Google AdWords からだと、キーワードプランナーへ飛べるようですが、私の場合、Expressでの登録だとリンクがないようなので、再度、始めの【キーワードプランナーを利用】をタップすると…


FullSizeRender


✅【キーワード プランナー】の管理画面へ移行します。


FullSizeRender


ココから検索したキーワードの競合性や、実際に広告としてみた場合の入札価格帯が一目でわかるように表示されます。

他のキーワード検索サイトとの違いとして、広告という概念のもとキーワードを分析できるので、キーワード自体の価値を確認できる優れた機能だと考えます。

ブログマネタイズを前提にしているならば、価値(お金)に結びつきやすいキーワードを、キーワードプランナーで探してみてはいかがでしょうか??

ただ実際に広告を出していない為、入札価格に幅がありキッチリとしたデータは見る事ができないので注意して下さい。詳細を知りたいなら、実際に広告を出してみるのも良いかもしれません。


FullSizeRender