IMG_4786

情報商材と聞くと敬遠する人、かなり多いようですね。
何故、情報商材は敬遠されるのでしょうか?
得になる情報に価値を見出し提供する事は、ビジネス文庫などと変わらないはずで、皆さんが必要だと感じれば購入するのが自然の流れだと思います。

ネット上の情報商材のイメージ

☑︎ 全く中身が見られない。
☑︎ 胡散臭い。
☑︎ 買った情報商材の内容が詐欺レベル
☑︎ 内容に対して価格が高過ぎる

ざっと、こんなイメージがあるようです。
ビジネス文庫などの場合、ある程度、知名度がある著者が書いているので、購入する時点でその本(著者)への信用があり安心して購入に至る事ができます。

ネットでのデジタル文庫などは誰でもお金を掛けずに情報商材販売ができるので、価格以上の満足できる内容から詐欺レベルの内容まで存在し、これは購入しないとわからない。
自分が必要としている情報はお金を出してでも欲しいけど、その情報商材には価値があるのか?
これが、一番踏み込めない理由なんだと思います。

そこで、一つの指標となる『レビュー、評価』これが唯一、情報商材の良否判断材料となるのです。

僕も怪しまれやすい『投資系』の商材を販売しているのですが、ココナラで購入して頂いた方から、素晴らしい評価を頂きました。
FullSizeRender
自分の商材は最安の500円で提供中ですが、中には1万円でも価値のない情報はあるようです。これがある限り情報商材のイメージは良くならないのでしょう。



有料noteでも、ご購入頂いた方からコメントを頂き『もう少し具体的なものを望んでいた』など、購入された方からのリアクションは、その商材のアップデートにも繋がるので、更により良き商材へと進化していくんですよね。

有料noteの場合、『一度書いたら何もしないで自動販売機だーー!』ってのも良いかもしれないけど、購入された方からのリアクションは自分の想像以上に嬉しいものです。

自分自身が一から作り出したものを、知らない誰かに買って頂く。お金も大切だけど、それ以上に『数ある商材の中から、自分を選んでくれた!』ことが何よりも大切な事実であり、モチベーション向上に繋がるはずです。

自分の得意や好きを販売することは、悪いことではなく、むしろ新たな自分を発見できるかもしれません!