IMG_5572
チョット得する情報発信!雑記ブロガー@036_writerのオサムです!

スキル(情報商材含む)販売ブーム到来ということで実際に販売してみた。

※ 2018年10月現在、有料note販売は終了しています。

内容は【少額資金 バイナリーオプション裁量トレード編】

FullSizeRender

関連記事: 

2018年4月
有料note 300円で販売開始!
4件ご購読いただきました。

2018年5月
有料note 300円で販売。
ココナラ 500円で販売開始!

  •  ココナラは、noteで販売していたものと同じ内容です。
  • ココナラの最低販売額が500円なので、noteとは200円の差額が発生しています。

比較検証も兼ねて、5月だけnoteは300円を維持させ、ココナラは500円で販売することに…

2018年5月18日現在…

有料note ▶︎3件
ココナラ ▶︎4件 

ジャンルが『投資、投機』の場合、有料noteとの相性は悪い可能性が…

有料noteの購読者さんは、noteにゲスト登録している人ばかりでした。

言い換えれば、既存のnoteユーザーには興味のないジャンルなのかもしれません。

推測ですが…
私の特化ブログからのリンクでnoteにゲスト登録し購読という流れという感じです。

元々、note利用者ではないという事です。


有料noteはジャンルが凄く大切。

noteに適したジャンル…例えば、ブログやTwitterでのPVやフォロワー集めのような意識高い系が受け入れられるのかも…。


ココナラは幅広いジャンルに対応し、集客力も強い。


ココナラは、スキル販売を主にしているので、はじめから『投資、投機』ジャンルを探している方が購入してくれているようです。

当然、購入だけの利用者が多いので、後の評価が貰えないことや、ネガティブ評価がつくリスクも存在します。

ココナラの価格設定が有料noteよりも高額なのにココナラの売上が良いワケとは?


有料noteとココナラを同一ページでリンクするブログを公開しています。

  • ブログを見れば一目で価格差が認識できる。
  • ココナラ説明文を読めば、有料noteは300円で買える事がわかるようになっている。
では何故、ココナラで『+200円出しても良い』何かがあるのでしょうか?

要因として…

  • 普段からココナラ利用
  • 不定期クーポンが発行される
  • 不定期福引クーポンが当たる
  • ココナラポイントが使える
  • ポイント倍増キャンペーン

定期的にココナラを利用している方にとってはメリットが多く、実質ココナラでの購入のほうがお得になるのではと推測しています。

関連記事


現在有料note販売をされている方、同時にココナラでの販売も是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

登録から出品まで全て無料です!


有料note と ココナラの手数料比較


note
  • 決済手数料 10%
  • クレジットカード手数料 5%
  • 携帯キャリア手数料15%
※振込手数料は無料です。


ココナラ

FullSizeRender
※振込は振込手数料160円となりますが、3000円以上の振込の場合は手数料無料となります。


どちらも手数料で最大25%は結構厳しめですが、紙媒体の印税に比べたら電子書籍コンテンツは、かなりの利益率だと思います。しかも文字数に縛られる事もありません。

スキル販売に踏み切れない方、あまり気負わずに一度チャレンジしてみては如何でしょうか?