IMG_5870

[ちょっと得するヒトリゴト]朝活雑記ブロガー@036_writerのOsamu です!


一向にキャッシュレス化の進まない日本


その理由は主に…

  • 日本円に対する信用度が高い
  • クレジット決済手数料が高い
  • 利用できる店舗が限られている

そんな日本でも今後、キャッシュレス化へと進むと考えられます。


そんなキャッシュレス化後進国の理由になるのか?ならないのか?はわかりませんが…

お買物の支払いの際に出る[おつり]の計算ができるのは日本人だけ?



普段、現金でお買物をする方も多いと思います。


無意識に財布の中の小銭を減らすためにキリよく[おつり]を貰うように計算して支払いをしていませんか?


例えば財布の中に

千円札     1枚
500円      1枚
  50円      1枚
  10円      4枚

合計  1590円


240円のお買物をする際、支払いはどのようにするのでしょうか?


きっと無意識に、540円支払うはず!


財布の中の小銭が増えないように無意識に暗算をして支払いをしているのです。


え?そんなの簡単!当たり前!


っと思っていますよね?


ですが世界的にみると、この行為は凄いのです!!


日本人の計算(算数)はトップレベルで、暗算が苦手な外国人も多いようです。



なぜ日本人は計算が得意なの?


実は計算方法に秘密がありました。


特に[引き算]に注目。

778 - 89 = ?

この計算方法


        776
   -   87
        689


1番下の位から引いていきますよね。


6 から 7 は引けないので上の位から10借りてきて[16 - 7]にしますよね。で上の位の 7 は 6 にするみたいな。


日本式の引き算は[引き算]なのです。


えっ?
言ってる意味がわからない?


では、アメリカではどうでしょう。



上の計算式よりも簡単な式でいきます!


           845  
      - 423
           422

暗算でできますよね。


では、アメリカ式引き算いきます!

まず…

  1. 423 +     7 = 430
  2. 430 +   70 = 500
  3. 500 + 300 = 800
  4. 800 +   45 = 845
7 + 70 + 300 + 45 = 422


どうですか?
さっぱり意味わからないですよね?


簡単に言うと…


アメリカ式の引き算は[足し算]なのです。


お国柄もあるようですが、なぜ合理的に考えないのかなぁと。


まぁ、大人になれば計算機使えますしね!って考えは正解なんでしょう(笑)


アメリカに行ったことがある方は経験するはずなのですが…


現金でお買物をすると、購入した金額から[おつり]をスタートして店員さんに渡した金額まで足していくのです。


$28 の商品を購入
店員さんに $50 渡すと…


店員さんは順番に

$1  ($29)
$1  ($30)
$10($40)
$10($50)

こんな感じで[おつり]を渡してきます。

引き算なのですが、足し算をする習慣が暗算を難しくしているのですね。